Home / CSSの基本 / CSSを適用する対象の指定方法 / ID・クラスを指定した要素に適用させる場合

ID・クラスを指定した要素に適用させる場合


id属性 や class属性 で、特定の名前が付けられている要素を対象として、スタイルを適用させる場合には、下記の書式で記述します。

要素名#ID名{ 〜 }

要素名.クラス名{ 〜 }

#ID名{ 〜 }     ( #ID名 は *#ID名 の省略形です )

.クラス名{ 〜 }   ( .クラス名 は *.クラス名 の省略形です )

id属性 は、ある要素に対して固有の名前を付けるもので、そのHTML文書内で1ヵ所しか指定できません。

class属性 は、その要素の種類や分類を表す名前を付けるもので、そのHTML文書内で複数指定することができます。


::: サンプル ::: [ サンプル画面 スタイルシート(CSS)サンプル画面 ]


関連項目